人気ブログランキング |

東京豆

tokyomame.exblog.jp
ブログトップ
2008年 01月 02日

2007年に観た映画 まとめ

総鑑賞本数 193本 (前年比+27)
※映画館で観た本数。短編や特集上映などは適当にカウント。夢の200本を目指したがあと一歩及ばず。2001年からの鑑賞本数累計は818本。今年の目標は年末までの1000本クリアにしたい。

(新作ベスト10)

インランド・エンパイア(デヴィット・リンチ)
人が人を愛することのどうしようもなさ(石井隆)
低開発の記憶-メモリアス-(トマス・グティエレス・アレア)
街のあかり(アキ・カウリスマキ)
サイドカーに犬(根岸吉太郎)
ボルベール<帰郷>(ペドロ・アルモドバル)
ラブソングができるまで(マーク・ローレンス)
善き人のためのソナタ(フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク)
アヒルと鴨のコインロッカー(中村義洋)
それでも生きる子供たちへ(ジョン・ウー、スパイク・リー他)

※今年は割と新作を見られた(33本)。竹中直人がいなければ1番と2番は引っ繰り返っていたかもしれない。男優は津田寛治、女優は竹内結子が良かった。

(新作ワースト)

マヌエル・ウェルガ「サルバドールの朝」

※期待外れの度合いが最も大きかったということで。

(旧作ベスト10)

機動警察パトレイバー2(押井守)
やくざ囃子(マキノ雅弘)
ヨーロッパ一九五一年(ロベルト・ロッセリーニ)
次郎長三国志第八部(マキノ雅弘)
仁義なき戦い 代理戦争(深作欣二)
闇を横切れ(増村保造)
愛のお荷物(川島雄三)
くちづけ(増村保造)
真空地帯(山本薩夫)
ストロベリーショートケイクス(矢崎仁司)

※「パト2」は高校以来の再見だが全く色あせない面白さ。「やくざ囃子」は鶴田浩二と岡田茉莉子の高濃度な逢引シーンに悶絶。以下どれも甲乙付け難い名作ばかり。

(旧作ワースト)

オリヴィエ・マルシャル「あるいは裏切りという名の犬」

※2006年の作品。雰囲気だけの映画。何が面白いのかさっぱり。

(劇場別鑑賞本数)

31本 新文芸坐
26本 シネマヴェーラ渋谷
14本 東京国立近代美術館フィルムセンター
14本 早稲田松竹
12本 ラピュタ阿佐ヶ谷

※以下浅草名画座・ユーロスペース(各11本)と続く。

(映画入場料集計)

合計 131894円 (昨年比+12494円)
平均 683円 (昨年比-36円)

※会員になっているのは新文芸坐・ユーロスペース・シネマヴェーラ渋谷・ラピュタ阿佐ヶ谷・川越スカラ座。どこも充分元が取れているし、何より良作をたくさん流してくれるのがうれしい。

(2007年に観た映画全リスト)

☆☆☆☆ とても好き
☆☆☆ 好き
☆☆ 満足だが不満もあり
☆ いまいち
★ ダメ
・ 評価不能(睡眠、途中入場等)

☆☆ マーティン・キャンベル「007/カジノ・ロワイヤル」@ワーナー・マイカル・シネマズみなとみらい(07/01/01)
☆ ジョナサン・デイトン/ヴァレリー・ファリス「リトル・ミス・サンシャイン」@シネ・リーブル池袋(07/01/02)
・ エリック・ロメール「O侯爵夫人」@シネマヴェーラ渋谷(07/01/04)
☆☆ ジャン・リュック・ゴダール「彼女について私が知っている二、三の事柄」@シネマヴェーラ渋谷(07/01/04)
☆☆☆ アレクサンドル・ソクーロフ「太陽」@川越スカラ座(07/01/21)
☆ キム・ギドク「サマリア」@早稲田松竹(07/01/27)
★ キム・ギドク「弓」@早稲田松竹(07/01/27)
☆☆ ウディ・アレン「マッチポイント」@新文芸坐(07/01/28)
☆☆☆ ジェイソン・ライトマン「サンキュー・スモーキング」@新文芸坐(07/01/28)
☆ ダニエル・シュミット「ヘカテ」@ユーロスペース(07/02/03)
☆☆☆ 増村保造「闇を横切れ」@ラピュタ阿佐ヶ谷(07/02/03)
☆ マキノ雅弘「阿片戦争」@シネマヴェーラ渋谷(07/02/04)
☆☆☆ マキノ雅弘「次郎長三国志第七部」@シネマヴェーラ渋谷(07/02/04)
☆☆☆ マキノ雅弘「次郎長三国志第八部」@シネマヴェーラ渋谷(07/02/04)
☆☆ フィリップ・ガレル「恋人たちの失われた革命」@東京都写真美術館ホール(07/02/11)
★ 李相日「フラガール」@川越スカラ座(07/02/12)
☆☆ チャールズ・チャップリン「独裁者」@シネマブルースタジオ(07/02/17)
☆☆ チャールズ・チャップリン「担ヘ銃」@シネマブルースタジオ(07/02/17)
☆☆☆☆ 押井守「機動警察パトレイバー2」@シネマヴェーラ渋谷(07/02/18)
☆☆ 石井隆「夜がまた来る」@シネマヴェーラ渋谷(07/02/18)
☆☆☆ ジェレマイア・チェチック「妹の恋人」@早稲田松竹(07/02/18)
☆☆☆ マーク・フォースター「ネバーランド」@早稲田松竹(07/02/18)
☆☆ 特集「映像温泉芸社上映会その14」@野方区民ホール(07/02/24)
☆ ブルース・ハント「地獄の変異」@浅草中映劇場(07/03/04)
☆☆☆ ポン・ジュノ「グエムル -漢江の怪物-」@浅草中映劇場(07/03/04)
☆☆ 吉村公三郎「夜の河」@ユーロスペース(07/03/05)
☆☆☆ 市川崑「細雪」@ユーロスペース(07/03/06)
☆☆ 三隅研次「女系家族」@ユーロスペース(07/03/08)
☆☆ 松林宗恵「潜水艦イ-57降伏せず」@新文芸坐(07/03/09)
☆☆☆ ウディ・アレン「マンハッタン」@早稲田松竹(07/03/10)
☆☆☆ ウディ・アレン「アニー・ホール」@早稲田松竹(07/03/10)
☆☆ 増村保造「刺青」@ユーロスペース(07/03/13)
☆☆☆ 矢崎仁司「ストロベリーショートケイクス」@新文芸坐(07/03/17)
☆☆ 廣木隆一「やわらかい生活」@新文芸坐(07/03/17)
☆☆ スパイク・リー「セレブの種」@早稲田松竹(07/03/18)
☆☆ ベネット・ミラー「カポーティ」@早稲田松竹(07/03/18)
☆☆ すずきじゅんいち「妖艶・肉縛り」@新橋ロマン劇場(07/03/21)
☆ 加島春海「OL監禁」@新橋ロマン劇場(07/03/21)
☆☆ 小沼勝「縄と乳房」@新橋ロマン劇場(07/03/21)
☆☆ 大友克洋・森本晃司・岡村天斎「Memories」@シネマスクエアとうきゅう(07/03/25)
・ ルイス・ブニュエル「自由の幻想」@東京日仏学院エスパス・イマージュ(07/03/25)
★ オリヴィエ・マルシャル「あるいは裏切りという名の犬」@新文芸坐(07/04/02)
☆☆ ビリー・ワイルダー「七年目の浮気」@シネマヴェーラ渋谷(07/04/07)
☆ 勅使河原宏「砂の女」@川崎市市民ミュージアム(07/04/07)
☆☆ 勅使河原宏「おとし穴」@川崎市市民ミュージアム(07/04/07)
☆☆☆ ウィリアム・ワイラー「おしゃれ泥棒」@シネマヴェーラ渋谷(07/04/17)
☆☆☆ 鈴木則文「徳川セックス禁止令 色情大名」@シネマヴェーラ渋谷(07/04/24)
☆☆☆ 鈴木則文「まむしの兄弟 恐喝三億円」@シネマヴェーラ渋谷(07/04/26)
☆☆ アルフォンソ・キュアロン「トゥモロー・ワールド」@浅草中映劇場(07/04/28)
☆ クリストフ・ガンズ「サイレントヒル」@浅草中映劇場(07/04/28)
☆☆☆ ファティ・アキン「愛より強く」@三軒茶屋中央劇場(07/04/30)
☆☆ ロベルト・ベニーニ「人生は、奇跡の詩」@三軒茶屋中央劇場(07/04/30)
☆☆ 相米慎二「ラブホテル」@シネマアートン下北沢(07/05/01)
☆☆☆ ジョニー・トー「エレクション」@下高井戸シネマ(07/05/01)
☆☆ ハンス・ワインガルトナー「ベルリン、僕らの革命」@東京国立近代美術館フィルムセンター(07/05/12)
☆☆ マイケル・ウィンターボトム「ひかりのまち」@東京国立近代美術館フィルムセンター(07/05/12)
☆☆ アキ・カウリスマキ「レニングラード・カウボーイズ・ゴー・アメリカ」@新文芸坐(07/05/19)
☆☆ アキ・カウリスマキ「マッチ工場の少女」@新文芸坐(07/05/19)
・ アキ・カウリスマキ「コントラクト・キラー」@新文芸坐(07/05/19)
☆☆☆ アキ・カウリスマキ「ラヴィ・ド・ボエーム」@新文芸坐(07/05/19)
☆☆☆ クリント・イーストウッド「父親たちの星条旗」@新文芸坐(07/05/19)
☆☆ クリント・イーストウッド「硫黄島からの手紙」@新文芸坐(07/05/19)
☆☆ 伊藤俊也「女囚701号 第41雑居房」@川崎市市民ミュージアム(07/05/26)
☆☆ 伊藤俊也「女囚さそり」@川崎市市民ミュージアム(07/05/26)
☆ フランシス・コッポラ「マリー・アントワネット」@川越スカラ座(07/05/27)
☆☆☆ ロマン・ポランスキー「戦場のピアニスト」@川越スカラ座(07/05/27)
☆☆☆ トマス・グティエレス・アレア「低開発の記憶-メモリアス-」@ユーロスペース(07/06/02)
☆☆☆ 今村昌平「にっぽん昆虫記」@東京国立近代美術館フィルムセンター(07/06/02)
☆☆☆ 今村昌平「『エロ事師たち』より・人類学入門」@東京国立近代美術館フィルムセンター(07/06/02)
☆☆☆ 山田洋次「二階の他人」@ラピュタ阿佐ヶ谷(07/06/09)
☆☆☆ 大島渚「愛と希望の街」@ラピュタ阿佐ヶ谷(07/06/09)
☆☆☆ 清水宏「簪」@ラピュタ阿佐ヶ谷(07/06/11)
☆☆ 神代辰巳「恋人たちは濡れた」@シネマヴェーラ渋谷(07/06/15)
・ セルゲイ・パラジャーノフ「ざくろの色」@下高井戸シネマ(07/06/16)
☆☆☆ 川島雄三「愛のお荷物」@東京国立近代美術館フィルムセンター(07/06/16)
☆☆☆ 川島雄三「あした来る人」@東京国立近代美術館フィルムセンター(07/06/16)
☆☆ 伊藤秀裕「団鬼六 女秘書縄調教」@新橋ロマン劇場(07/06/23)
☆☆ 加藤彰「新妻地獄」@新橋ロマン劇場(07/06/23)
☆☆ 藤井克彦「団鬼六 修道女縄地獄」@新橋ロマン劇場(07/06/23)
☆☆ 増村保造「悪名 縄張荒らし」@新文芸坐(07/06/23)
☆☆ 斉藤耕一「無宿」@新文芸坐(07/06/29)
・ ライナー・ヴェルナー・ファスビンダー「シナのルーレット」@アテネ・フランセ文化センター(07/06/30)
☆☆ しまだゆきやす「私の志集 三〇〇円」@アップリンク・ファクトリー(07/07/01)
☆☆ 山下敦弘「子宮で映画を撮る女」@アップリンク・ファクトリー(07/07/01)
☆☆ 松江哲明「童貞。をプロデュース」@アップリンク・ファクトリー(07/07/01)
☆☆ 小津安二郎「父ありき」@ラピュタ阿佐ヶ谷(07/07/01)
☆☆☆ 川島雄三「暖簾」@東京国立近代美術館フィルムセンター(07/07/01)
☆☆☆ 増村保造「くちづけ」@東京国立近代美術館フィルムセンター(07/07/01)
☆☆☆ 古澤憲吾「ニッポン無責任時代」@新文芸坐(07/07/07)
☆☆☆ 古澤憲吾「ニッポン無責任野郎」@新文芸坐(07/07/07)
★ 竹洞哲也「森鬼(乱姦調教 牝犬たちの肉宴)」@ポレポレ東中野(07/07/10)
☆ 竹洞哲也「短距離TOBI-UO(ホテトル嬢 癒しの手ほどき)」@ポレポレ東中野(07/07/10)
☆☆☆ アキ・カウリスマキ「街のあかり」@ユーロスペース(07/07/14)
☆☆ 深澤研「ざくろ屋敷 ~ バルザック『人間喜劇』より ~」@アップリンクX(07/07/14)
☆ アンドリュー・ラウ/アラン・マック「傷だらけの男たち」@池袋シネマ・ロサ(07/07/15)
☆☆☆ 中村義洋「アヒルと鴨のコインロッカー」@池袋シネマサンシャイン(07/07/16)
☆☆ 井土紀州「ラザロ/蒼ざめたる馬」@ポレポレ東中野(07/07/18)
☆ 井土紀州「ラザロ/複製の廃墟」@ポレポレ東中野(07/07/18)
☆☆ 井土紀州「ラザロ/朝日のあたる家」@ポレポレ東中野(07/07/18)
・ すずきじゅんいち「令嬢肉奴隷」@新橋ロマン劇場(07/07/22)
☆ 小沼勝「生贄婦人」@新橋ロマン劇場(07/07/22)
☆☆ 藤井克彦「団鬼六 OL縄奴隷」@新橋ロマン劇場(07/07/22)
☆ ジャン・リュック・ゴダール「フォーエヴァー・モーツァルト」@吉祥寺バウスシアター(07/07/22)
☆☆ 鈴木則文「温泉みみず芸者」@ラピュタ阿佐ヶ谷(07/07/28)
☆ 松井良彦「豚鶏心中」@アップリンク・ファクトリー(07/07/28)
☆☆ 佐野和宏「Don’t let it bring you down(変態テレフォンONANIE)」@アップリンク・ファクトリー(07/07/28)
☆☆☆ 清水宏「暁の合唱」@シネマヴェーラ渋谷(07/07/29)
☆☆ 清水宏「東京の英雄」@シネマヴェーラ渋谷(07/07/29)
☆☆ 清水宏「母情」@シネマヴェーラ渋谷(07/07/30)
☆☆☆ 根岸吉太郎「サイドカーに犬」@シネ・アミューズ(07/08/01)
☆☆☆ 成瀬巳喜男「乱れ雲」@ラピュタ阿佐ヶ谷(07/08/04)
☆☆☆ 吉田喜重「秋津温泉」@ラピュタ阿佐ヶ谷(07/08/04)
・ 市川崑「野火」@新文芸坐(07/08/05)
☆☆☆☆ 山本薩夫「真空地帯」@新文芸坐(07/08/05)
☆☆ 今井正「また逢う日まで」@新文芸坐(07/08/06)
☆☆☆ ルネ・クレール「リラの門」@東京国立近代美術館フィルムセンター(07/08/11)
・ ヨリス・イヴェンス「セーヌの詩」@東京国立近代美術館フィルムセンター(07/08/11)
・ ロベール・ブレッソン「ジャンヌ・ダルク裁判」@東京国立近代美術館フィルムセンター(07/08/11)
☆☆☆ マイケル・ムーア「ボウリング・フォー・コロンバイン」@シネマGAGA!(07/08/13)
☆☆☆ ペドロ・アルモドバル「ボルベール<帰郷>」@新宿バルト9(07/08/14)
☆☆☆ アキ・カウリスマキ「真夜中の虹」@ユーロスペース(07/08/16)
☆☆☆ ジョセフ・L・マンキウィッツ「裸足の伯爵夫人」@シネマヴェーラ渋谷(07/08/18)
☆☆☆ ビリー・ワイルダー「お熱いのがお好き」@シネマヴェーラ渋谷(07/08/18)
☆☆☆ 中平康「街燈」@東京国立近代美術館フィルムセンター(07/08/19)
☆☆☆ アキ・カウリスマキ「パラダイスの夕暮れ」@ユーロスペース(07/08/19)
☆☆☆ ジャン=ダニエル・ポレほか「パリところどころ」@早稲田松竹(07/08/25)
☆☆☆ ブリュノ・ポダリデスほか「パリ・ジュテーム」@早稲田松竹(07/08/25)
☆☆☆ 家城巳代治「姉妹」@ラピュタ阿佐ヶ谷(07/08/26)
☆☆ 増村保造「卍」@東京国立近代美術館フィルムセンター(07/08/26)
☆☆☆ ビリー・ワイルダー「情婦」@シネマヴェーラ渋谷(07/08/26)
☆☆ ロバート・アルドリッチ「キッスで殺せ」@シネマヴェーラ渋谷(07/08/26)
☆☆ ロバート・ロドリゲス/クエンティン・タランティーノ「グラインドハウス」@TOHOシネマズ六本木ヒルズ(07/08/29)
☆☆ マイケル・ベイ「トランスフォーマー」@新宿プラザ劇場(07/09/01)
☆☆ 曽根中生「天使のはらわた 赤い教室」@シネマート新宿(07/09/01)
☆☆ 石井隆「死んでもいい」@シネマート新宿(07/09/01)
☆☆ 石井隆「ヌードの夜」@シネマート新宿(07/09/01)
☆☆☆ 石井隆「夜がまた来る」@シネマート新宿(07/09/01)
☆☆☆ ロバート・アルトマン「ロング・グッドバイ」@シネマヴェーラ渋谷(07/09/05)
☆☆☆ ポール・バーホーベン「ブラックブック」@早稲田松竹(07/09/08)
☆☆☆ フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク「善き人のためのソナタ」@早稲田松竹(07/09/08)
☆☆ スティーヴン・フリアーズ「クイーン」@川越スカラ座(07/09/09)
☆☆☆ 溝口健二「山椒大夫」@新文芸坐(07/09/09)
☆☆ 石井輝男「網走番外地 吹雪の斗争」@浅草名画座(07/09/15)
☆ 鶴橋康夫「愛の流刑地」@浅草名画座(07/09/15)
☆☆☆☆ 深作欣二「仁義なき戦い 代理戦争」@浅草名画座(07/09/15)
☆☆ 増村保造「巨人と玩具」@ラピュタ阿佐ヶ谷(07/09/22)
☆☆ 松林宗恵「人間魚雷回天」@ラピュタ阿佐ヶ谷(07/09/22)
☆☆ 五所平之助「黄色いからす」@東京国立近代美術館フィルムセンター(07/09/22)
☆☆☆ 石井隆「人が人を愛することのどうしようもなさ」@シネマート新宿(07/09/22)
☆ 岡本喜八「暗黒街の弾痕」@浅草名画座(07/09/24)
☆☆ 石井輝男「続・決着」@浅草名画座(07/09/24)
☆☆☆ 深作欣二「仁義なき戦い 頂上作戦」@浅草名画座(07/09/24)
☆ 松井良彦「追悼のざわめき」@シアター・イメージフォーラム(07/09/29)
☆ フェデリコ・フェリーニ「魂のジュリエッタ」@新文芸坐(07/09/30)
☆☆ フェデリコ・フェリーニ「カビリアの夜」@新文芸坐(07/09/30)
☆ エリック・ロメール「クレールの膝」@新文芸坐(07/10/01)
☆ マヌエル・ウェルガ「サルバドールの朝」@シャンテ・シネ(07/10/20)
☆☆☆ ロベルト・ロッセリーニ「ヨーロッパ一九五一年」@東京日仏学院エスパス・イマージュ(07/10/21)
☆☆ ジャン=フランソワ・ステヴェナン「防寒帽」@東京日仏学院エスパス・イマージュ(07/10/21)
☆☆☆ マキノ雅弘「ごろつき」@浅草名画座(07/10/28)
☆☆☆☆ マキノ雅弘「やくざ囃子」@浅草名画座(07/10/28)
☆☆☆ 松林宗恵「世界大戦争」@ラピュタ阿佐ヶ谷(07/11/03)
☆☆ ギャヴィン・フッド「ツォツィ」@早稲田松竹(07/11/03)
☆☆☆ カティア・ルンド他「それでも生きる子供たちへ」@早稲田松竹(07/11/03)
☆☆☆ ボリス・バルネット「国境の町」@アテネ・フランセ文化センター(07/11/10)
☆☆ ジャン・ヴィゴ「アタランタ号」@東京藝術大学大視聴覚室(07/11/10)
☆☆☆ デヴィット・リンチ「インランド・エンパイア」@宇都宮テアトル(07/11/11)
☆☆☆ ポール・グリーングラス「ボーン・アルティメイタム」@池袋HUMAXシネマズ4(07/11/17)
☆☆ 青山真治「サッド・ヴァケイション」@川越スカラ座(07/11/18)
☆☆☆ 岡本喜八「江分利満氏の優雅な生活」@新文芸坐(07/11/18)
☆☆☆ 須川栄三「けものみち」@新文芸坐(07/11/20)
☆☆ 石田勝心「父ちゃんのポーが聞える」@新文芸坐(07/11/24)
☆☆☆ 松山善三「名もなく貧しく美しく」@新文芸坐(07/11/24)
☆☆☆ マーク・ローレンス「ラブソングができるまで」@飯田橋ギンレイホール(07/11/25)
☆☆ ジョヴァンニ・ヴェロネージ「イタリア的、恋愛マニュアル」@飯田橋ギンレイホール(07/11/25)
☆☆☆ 森谷司郎「首」@新文芸坐(07/11/25)
☆☆☆ 堀川弘通「白と黒」@新文芸坐(07/11/25)
☆☆ ロバート・ロドリゲス「フロム・ダスク・ティル・ドーン」@シネマヴェーラ渋谷(07/12/05)
☆☆ ジョン・カーペンター「エスケープ・フロム・L.A.」@シネマヴェーラ渋谷(07/12/05)
☆☆ ジョージ・A・ロメロ「ゾンビ ディレクターズカット完全版」@シネマヴェーラ渋谷(07/12/08)
☆☆ ラス・メイヤー「チェリー、ハリー&ラクエル」@シネマヴェーラ渋谷(07/12/08)
・ 五社英雄「闇の狩人」@浅草名画座(07/12/22)
☆☆ 佐々木康「新選組」@浅草名画座(07/12/22)
☆☆☆ マキノ雅弘「昭和残侠伝 血染の唐獅子」@浅草名画座(07/12/22)
☆☆ ロバート・アルトマン「バレエ・カンパニー」@シネマヴェーラ渋谷(07/12/23)
☆☆ 須川栄三「君も出世ができる」@シネマヴェーラ渋谷(07/12/23)
☆☆ ケン・ローチ「麦の穂をゆらす風」@新文芸坐(07/12/24)
☆☆☆ ロバート・アルトマン「今宵、フィッツジェラルド劇場で」@新文芸坐(07/12/24)
☆☆ ヴェラ・ヒティロヴァー「ひなぎく」@アップリンクX(07/12/28)
☆ ヴァディム・グロウナ「眠れる美女」@ユーロスペース(07/12/28)
☆☆ アンドレイ・ネクラーソフ「暗殺・リトビネンコ事件」@ユーロスペース(07/12/28)
☆☆☆ ウィル・スペック/ジョシュ・ゴードン「俺たちフィギュアスケーター」@新宿ジョイシネマ1(07/12/29)
☆☆ サム・ガルバルスキ「やわらかい手」@ル・シネマ(07/12/30)

今年もたくさんの映画を観られますように。

# by tokyomame | 2008-01-02 20:15 | 映画
2007年 10月 17日

東北旅行補遺(2日目)

気まぐれに撮った写真。
e0091003_263655.jpg
e0091003_265332.jpg
e0091003_271159.jpg
e0091003_272715.jpg
e0091003_274126.jpg
e0091003_275840.jpg
e0091003_281074.jpg


# by tokyomame | 2007-10-17 01:57 | 旅行
2007年 10月 17日

東北旅行補遺(1日目)

気まぐれに撮った写真。
e0091003_2101188.jpg
e0091003_2102377.jpg
e0091003_2103556.jpg
e0091003_2104950.jpg
e0091003_211418.jpg
e0091003_211165.jpg


# by tokyomame | 2007-10-17 01:55 | 旅行
2007年 07月 21日

2007年1月~6月に買ったCD

Amon Guru「Die Krautrock Explosion」(1985円)@タワーレコード新宿店
ザ・ディランII「きのうの思い出に別れをつげるんだもの」(1785円)@タワーレコード新宿店
梶芽衣子「全曲集」(古1780円)@レコミンツ中野店
Ruins「HYDEROMASTGRONINGEM」(古1380円)@レコミンツ中野店
Husking Bee「Grip」(古490円)@レコミンツ中野店
V.A.「Chicago Soul」(古1260円)@ディスクユニオン新宿中古センター
☆ ヒカシュー「入念」(1260円)@タワーレコード新宿店
Wolfmother「Wolfmother」(1500円)@タワーレコード新宿店
☆☆ ノイ!「4」(古3360円)@ディスクユニオン新宿中古センター
NIco「Icon」(古735円)@ディスクユニオン池袋店
Faust「So Far」(古1260円)@ディスクユニオン池袋店
Marta and Gyorgy Kurtag「Kurtag: Jatekok」(2080円)@タワーレコード新宿店
Alanis Morrisette「Under Rug Swept」(古100円)@ブックオフ本川越店
☆☆ Cosa Nostra「Squeeze It Tight」(1882円)@HMVオンラインストア
Schneider TM「Zoomer」(1724円)@HMVオンラインストア
Ladytron「Witching Hour」(1685円)@HMVオンラインストア
☆ My Bloody Valentine「isn’t enything」(1460円)@タワーレコード新宿店
☆☆ Amon Duul II「Yeti」(1460円)@タワーレコード新宿店
Stereolab「Fab Four Suture」(古1400円?)@ヴォリューム・ワン

一時期に比べて買う量が少なくなった。好みが固定化されて、新譜や馴染みのないジャンルに手を出さなくなってきている。もっと刺激が欲しい。

今年の上半期はCosa Nostra「Squeeze It Tight」にずいぶん元気づけられた。土臭いグルーヴ、という表現がまさにぴったりはまるメキシコのファンクバンド。過剰なシャウト、少年少女合唱団的なコーラスにはどこかしらユーモラスな響きがある。Amon Duul II「Yeti」…意外なくらいポップな楽曲が揃う。2曲目はAMTの「Pink Lady lemonade」の元ネタ? My Bloody Valentine「isn’t enything」…Youtubeで「Feed me with your kiss」のビデオを見て、これは凄いと購入。とりわけ後半の曲はどれも良い。ノイ!「4」…やっと買えた! ノイ!の存在を知った12年前は、関内のヴァージンメガストアにこれしか置いていないという時もあったというのに。ヒカシュー「入念」…待望のシングル。ライブの定番曲3曲を収録。これでニューアルバムが益々楽しみになる。

# by tokyomame | 2007-07-21 13:46 | 音楽
2007年 06月 19日

死ぬまでに(といわず明日からでも)したい10のこと

1.出かける2時間前には起きる
2.週に1度は自転車通勤をする
3.週に1度は昼の弁当を持参する
4.朝飯・晩飯は極力自炊する
5.週に1度は休肝日を作る
6.インターネットは1日1時間以内
7.読書は1日1時間以上
8.外国語を日常的に勉強する
9.サボらず日記をつける
10.0時までには寝る

もう1時だ。

# by tokyomame | 2007-06-19 01:00 | 雑記
2006年 12月 31日

2006年に聴いたライブ音楽 まとめ

☆☆☆  John Zorn's Cobra「John Zorn's Cobra東京作戦 新春部隊」(2800円)@渋谷ラ・ママ(2006-01-15)
☆☆   ウーネリーズ/DRUGON「Wagu 16」(2800円)@東高円寺UFO Club(2006-02-23)
☆☆☆  Damo Suzuki's Network「NEVER ENDING TOUR”2006 in Japan」(3000円+1d)@東高円寺UFO CLUB(2006-03-05)
☆☆   DAMO SUZUKI+宮下敬一+LENINGRAD BLUES MACHINE「Psychedelic Explosion vol.68」(3000円)@梅島ゆーことぴあ(2006-03-19)
☆☆☆☆ 灰野敬二×どろんこ×サミー/光束夜(3300円)@新宿JAM(2006-05-01)
☆☆   Mandog/Circuit Unconnection/月の海「鳥獣跋扈 vol.3」(2000円)@六本木スーパーデラックス(2006-05-14)
☆☆☆  「津山篤やりっぱなし東京編」(2500円)@東高円寺UFO CLUB 2006-06-04
☆☆   灰野敬二+どろんこ+サミー「Uramado Black Birthday Party Vol.3」(2800円)@新宿JAM(2006-09-01)
☆☆☆  Acid Mothers Gong「Japan tour 2006」(3800円)@初台 the Doors(2006-10-09)
☆☆☆  太陽肛門スパパーン(2300円)@中野区鍋横地域センター(2006-10-15)
☆☆☆  ヒカシュー「ヒカシュー新作発売記念」(4000円)@dress tokyo 秋葉原(2006-10-22)
☆☆   呼吸するジャスミン/MANDOG/マジカルパワーマコ「Magical Power MaKo Super Progressive party」(2500円)@秋葉原dress TOKYO(2006-12-16)
☆☆☆  Acid Gurus Temple(3000円)@六本木 Super Deluxe(2006-12-18)

 今年のベストは5/1の灰野敬二×どろんこ×サミー。これは凄かった。Acid Mothers Temple関連のライブも外れなく全て満足。来年は本家& TMP U.F.Oが東京で8年ぶりのライブとのこと。楽しみ。Mandogはどのライブも出番が短く、長時間聴ける機会がなくて残念。気がつけば今年は一度も渋さのライブに出かけられず。来年はぜひ。

# by tokyomame | 2006-12-31 05:00 | 音楽
2006年 12月 31日

2006年に観た映画 まとめ

総鑑賞本数 166本 (前年比+23)
※短編や特集上映なども含むので、いいかげんな数字。春に転職して、土日の休みを取れるようになったのが本数増につながったと思われる。

(新作ベスト5本) 

ニール・ジョーダン「プルートで朝食を」
ウディ・アレン「僕のニューヨークライフ」
ジョージ・クルーニー「グッドナイト&グッドラック」
フェルナンド・メイレレス「ナイロビの蜂」
マルコ・ベロッキオ「夜よ、こんにちは」

※今年観た新作20本中の5本。「プルートで朝食を」は不満な点も多少あるが、新作の中では突出して印象に残った傑作。川越スカラ座で(他にお客がいなくて)ひとりぼっちで観たという体験も忘れられない。「僕のニューヨークライフ」は減点法ならトップに挙がる作品。主人公の性悪な彼女役を演じるクリスティーナ・リッチが最高にキュートだった。

(旧作ベスト10本)

マキノ雅弘「次郎長三国志 第六部 旅がらす次郎長一家」
川島雄三「しとやかな獣」
増村保造「「女の小箱」より 夫が見た」
岡本喜八「斬る」
増村保造「不敵な男」
フィリップ・ガレル「自由、夜」
家城巳代治「裸の太陽」
緒方明「独立少年合唱団」
イングマール・ベルイマン「野いちご」
山中貞雄「人情紙風船」

※過去に観たことのある作品は除く。昨年に引き続き、邦画を中心とした10本。「次郎長三国志」は全て入れてしまうと他の作品が選べなくなるので、とりあえず越路吹雪が可憐に登場する第六部を代表として選出。来年もシネマヴェーラ渋谷で全九部を上映してくれるとのことなので、見逃した第七部以降を万難排して観に行くつもり。今年、作品をいちばん多く観た監督は増村保造(9本)。「「女の小箱」より 夫が見た」「不敵な男」「偽大学生」「兵隊やくざ」「妻は告白する」など、どれも評判通りの傑作だった。

(新作ワースト)

中島哲也「嫌われ松子の一生」

※面白くなさそうな映画はそもそも観に行かないので、観た中で選ぶとすると「嫌われ松子の一生」になってしまう。「ALWAYS 三丁目の夕日」もそうだけれど、この手の作品は過去の時代(昭和)を、現代的なノリに合わせてよく言えばマッシュアップ、悪く言えば捏造している。例えるなら、昭和レトロ調を売りにした、わざとらしい筆文字看板の掲げられた和風居酒屋やラーメン屋と同じような嘘臭さがある。

(旧作ワースト)

倉田準二「十兵衛暗殺剣」

(劇場別鑑賞本数)

42本 新文芸坐 
17本 シネマヴェーラ渋谷
9本 東京国立近代美術館フィルムセンター
9本 浅草名画座
9本 ポレポレ東中野

※十条に引っ越して、ますます新文芸坐へ行く機会が増えた。会社の仕事が早く終わったときには、レイトショー(ラスト1本)を手軽に観られるのもうれしい。ユーロスペースはシネマヴェーラができて以来、行く機会がめっきり減ってしまった(昨年14本、今年6本)。

(映画入場料集計)

合計 119400円 (前年比-5300円)
平均 719円 (前年比-153円)

※大幅な単価引き下げに成功。新作を殆ど観ていないせいもあるけれど。来年はラピュタ阿佐ヶ谷の会員割引をもっと活用したい(6月に加入して、その後4本しか観られず)

(2006年に観た映画全リスト)

☆☆☆☆ とても好き
☆☆☆ 好き
☆☆ 満足だが不満もあり
☆ いまいち
★ ダメ
・ 評価不能(睡眠、途中入場等)

☆☆☆  アンドリュー・ニコル「ロード・オブ・ウォー 史上最強の武器商人と呼ばれた男」@川崎チネ・チッタ(2006/1/2)
☆☆☆  ティム・バートン「ティム・バートンのコープス・ブライド フランケンウィニー」@目黒シネマ(2006/1/3)
☆☆   ティム・バートン「チャーリーとチョコレート工場」@目黒シネマ(2006/1/3)
☆    ピーター・ジャクソン「キング・コング」@MOVIX川口(2006/1/5)
☆☆☆  緒方明「独立少年合唱団」@シネマ・アンジェリカ(2006/1/9)
☆☆☆  マイク・リー「ヴェラ・ドレイク」@三軒茶屋中央劇場(2006/1/10)
☆☆   アレハンドロ・アメナーバル「海を飛ぶ夢」@三軒茶屋中央劇場(2006/1/10)
☆    牧口雄二「玉割り人ゆき 西の廓夕月楼」@ラピュタ阿佐ヶ谷(2006/1/10)
☆☆   イ・ヒョンスン「イルマーレ」@新文芸坐(2006/1/15)
☆☆☆  クァク・ジェヨン「猟奇的な彼女」@新文芸坐(2006/1/15)
☆☆   松尾昭典「命しらずのあいつ」@浅草新劇場(2006/1/17)
☆☆☆  篠田正浩「無頼漢」@浅草新劇場(2006/1/17)
☆☆☆  山田洋次「男はつらいよ 寅次郎物語」@浅草新劇場(2006/1/17)
☆    ジャン・ユスターシュ「わるい奴ら」@ユーロスペース(2006/1/17)
・    ジャン・ユスターシュ「サンタクロースの目は青い」@ユーロスペース(2006/1/17)
☆☆☆  マキノ雅弘「鴛鴦歌合戦」@ユーロスペース(2006/1/19)
☆☆☆  クエンティン・タランティーノ「パルプ・フィクション」@新文芸坐(2006/1/21)
・    クエンティン・タランティーノ「ジャッキー・ブラウン」@新文芸坐(2006/1/21)
☆    クエンティン・タランティーノ「デスペラード」@新文芸坐(2006/1/21)
☆    レオス・カラックス「ボーイ・ミーツ・ガール」@ユーロスペース(2006/1/22)
☆☆   ヴィム・ヴェンダース「ランド・オブ・プレンティ」@目黒シネマ(2006/1/26)
☆☆   カーティス・ハンソン「イン・ハー・シューズ」@目黒シネマ(2006/1/26)
☆☆   クリント・イーストウッド「ミリオンダラー・ベイビー」@早稲田松竹(2006/1/30)
☆☆   山崎貴「ALWAYS 三丁目の夕日」@新宿文化シネマ3(2006/2/7)
☆☆   リュック・ベッソン「グラン・ブルー 完全版」@早稲田松竹(2006/2/9)
☆☆   リュック・ベッソン「レオン 完全版」@早稲田松竹(2006/2/9)
☆☆   吉田喜重「樹氷のよろめき」@ポレポレ東中野(2006/2/14)
☆    吉田喜重「エロス+虐殺」@ポレポレ東中野(2006/2/14)
☆☆☆  マキノ雅弘「次郎長三国志 第一部 次郎長売出す」@シネマヴェーラ渋谷(2006/2/20)
☆☆☆☆ マキノ雅弘「次郎長三国志 第二部 次郎長初旅」@シネマヴェーラ渋谷(2006/2/20)
☆☆   山田洋次「男はつらいよ 寅次郎夢枕」@浅草名画座(2006/2/23)
・    石井輝男「網走番外地 大雪原の対決」@浅草名画座(2006/2/23)
☆☆   三隅研次「座頭市あばれ火祭り」@浅草名画座(2006/2/23)
☆☆☆☆ マキノ雅弘「次郎長三国志 第三部 次郎長と石松」@シネマヴェーラ渋谷(2006/2/26)
☆☆☆  マキノ雅弘「次郎長三国志 第四部 勢揃い清水港」@シネマヴェーラ渋谷(2006/2/26)
☆☆☆  マキノ雅弘「次郎長三国志 第五部 殴込み甲州路」@シネマヴェーラ渋谷(2006/2/27)
・    ロベール・アンリコ「冒険者たち」@早稲田松竹(2006/2/28)
☆☆   ルネ・クレマン「太陽がいっぱい」@早稲田松竹(2006/2/28)
☆☆☆☆ マキノ雅弘「次郎長三国志 第六部 旅がらす次郎長一家」@シネマヴェーラ渋谷(2006/3/10)
・    渋谷昶子「挑戦」@新文芸坐(2006/3/10)
☆☆   亀井文夫「世界は恐怖する―死の灰の正体」@新文芸坐(2006/3/10)
☆☆☆☆ 佐藤真「阿賀に生きる」@新文芸坐(2006/3/10)
☆    富野由悠季「機動戦士ZガンダムIII 星の鼓動は愛」@シネ・リーブル池袋(2006/3/12)
☆☆   トミー・リー・ジョーンズ「メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬」@恵比寿ガーデンシネマ(2006/3/25)
☆☆☆  クシシュトフ・キェシロフスキ「終わりなし」@シネマ・アンジェリカ(2006/3/28)
☆☆   ロバート・ムッジ「サン・ラー ジョイフル・ノイズ」@アップリンク・ファクトリー(2006/3/28)
☆    クシシュトフ・キェシロフスキ「ふたりのベロニカ」@ル・シネマ(2006/4/1)
☆☆   新藤兼人「人間」@東京国立近代美術館フィルムセンター(2006/4/7)
☆☆☆☆ 川島雄三「しとやかな獣」@東京国立近代美術館フィルムセンター(2006/4/7)
☆☆☆  チャウ・シンチー/ヴィンセント・クォク「008 皇帝ミッション」@シネマヴェーラ渋谷(2006/4/11)
☆☆☆  チャウ・シンチー/リー・リクチー「0061 北京より愛をこめて!?」@シネマヴェーラ渋谷(2006/4/11)
☆☆   イム・グォンテク「燕山日記」@韓国文化院(2006/4/13)
☆☆   ニコラ・ハンベルト/ベルナー・ペンツェル「ステップ・アクロス・ザ・ボーダー」@ユーロスペース(2006/4/13)
☆☆☆  ジョシュア・マーストン「そして、ひと粒のひかり」@飯田橋ギンレイホール(2006/4/17)
☆☆   トニー・ガトリフ「愛より強い旅」@飯田橋ギンレイホール(2006/4/17)
☆☆☆☆ 家城巳代治「裸の太陽」@東京国立近代美術館フィルムセンター(2006/4/18)
☆☆☆  木下恵介「お嬢さん乾杯」@新文芸坐(2006/4/29)
☆☆   木下恵介「カルメン故郷に帰る」@新文芸坐(2006/4/29)
☆☆☆  川島雄三「青べか物語」@東京国立近代美術館フィルムセンター(2006/5/5)
☆☆☆  溝口健二「夜の女たち」@新文芸坐(2006/5/7)
☆☆☆☆ 溝口健二「残菊物語」@新文芸坐(2006/5/7)
☆☆☆  イングマール・ベルイマン「野いちご」@東京国立近代美術館フィルムセンター(2006/5/13)
☆    黒澤明「生きる」@東京国立近代美術館フィルムセンター(2006/5/14)
☆☆   ルキノ・ヴィスコンティ「ベリッシマ」@東京国立近代美術館フィルムセンター(2006/5/27)
☆☆   小津安二郎「戸田家の兄妹」@東京国立近代美術館フィルムセンター(2006/5/27)
☆☆☆  ケン・アナキン/アンドリュー・マートン/ベルンハルト・ヴィッキ/エルモ・ウィリアムズ「史上最大の作戦」@新文芸坐(2006/5/27)
☆☆   川島雄三「銀座二十四帖」@ラピュタ阿佐ヶ谷(2006/5/28)
☆☆☆  坂本礼「ふ・た・ま・た(悶絶ふたまた 流れ出る愛液)」@ポレポレ東中野(2006/5/28)
☆☆   今岡信治「たまもの(熟女・発情 タマしゃぶり)」@ポレポレ東中野(2006/5/28)
☆☆   田尻裕司「痙攣(淫らな唇 痙攣)」@ポレポレ東中野(2006/6/2)
☆☆   後藤大輔「言い出しかねて(わいせつステージ 何度もつっこんで)」@ポレポレ東中野(2006/6/2)
☆☆   ジョン・スタージェス「荒野の七人」@新文芸坐(2006/6/3)
☆☆   篠田正浩「恋の片道切符」@ラピュタ阿佐ヶ谷(2006/6/11)
☆☆☆  増村保造「不敵な男」@ラピュタ阿佐ヶ谷(2006/6/11)
☆☆   ジャック・ベッケル「モンパルナスの灯」@新文芸坐(2006/6/11)
☆☆☆  増村保造「兵隊やくざ」@新文芸坐(2006/6/26)
☆    土屋豊「Peep "TV" Show」@シネマアートン下北沢(2006/7/2)
☆☆   深作欣二「暴走パニック 大激突」@新文芸坐(2006/7/5)
☆☆☆  増村保造「偽大学生」@新文芸坐(2006/7/6)
☆☆   フランソワ・トリュフォー「大人は判ってくれない」@新文芸坐(2006/7/8)
☆☆   フランソワ・トリュフォー「二十歳の恋(フランス篇)」@新文芸坐(2006/7/8)
・    フランソワ・トリュフォー「夜霧の恋人たち」@新文芸坐(2006/7/8)
☆☆   フランソワ・トリュフォー「家庭」@新文芸坐(2006/7/8)
・    フランソワ・トリュフォー「逃げ去る恋」@新文芸坐(2006/7/8)
☆☆   フランシス・フォード・コッポラ「ゴッドファーザー」@新文芸坐(2006/7/22)
☆☆   フランシス・フォード・コッポラ「ゴッドファーザー PartII」@新文芸坐(2006/7/22)
☆☆   フランシス・フォード・コッポラ「ゴッドファーザー PartIII」@新文芸坐(2006/7/22)
☆☆   デイヴィッド・クローネンバーグ「ヒストリー・オブ・バイオレンス」@飯田橋ギンレイホール(2006/7/26)
☆    ヴィム・ヴェンダース「アメリカ、家族のいる風景」@飯田橋ギンレイホール(2006/7/26)
☆☆☆  市川崑「あなたと私の合言葉 さようなら、今日は」@シネマアートン下北沢(2006/7/30)
☆☆   古沢憲吾「若い季節」@シネマアートン下北沢(2006/7/30)
☆☆   木下亮「男嫌い」@シネマアートン下北沢(2006/7/30)
☆☆☆☆ 今村昌平「豚と軍艦」@新文芸坐(2006/8/5)
☆☆   今村昌平「赤い殺意」@新文芸坐(2006/8/5)
☆☆☆  三隅研次「座頭市物語」@高知あたご劇場(2006/8/12)
☆☆☆  増村保造「兵隊やくざ」@高知あたご劇場(2006/8/12)
・    ニキータ・ミハルコフ「機械じかけのピアノのための未完成の戯曲」@三百人劇場(2006/8/14)
☆☆☆  ニキータ・ミハルコフ「オブローモフの生涯より」@三百人劇場(2006/8/14)
☆☆   中島貞夫「ポルノの女王 にっぽんSEX旅行」@ラピュタ阿佐ヶ谷(2006/8/14)
☆☆   ルイス・マンドーキ「イノセント・ボイス 12歳の戦場」@早稲田松竹(2006/8/19)
☆☆   テリー・ジョージ「ホテル・ルワンダ」@早稲田松竹(2006/8/19)
☆☆☆  ジョージ・クルーニー「グッドナイト&グッドラック」@新文芸坐(2006/8/26)
☆☆☆  フェルナンド・メイレレス「ナイロビの蜂」@新文芸坐(2006/8/26)
☆    石井輝男「異常性愛記録ハレンチ」@テアトル新宿(2006/8/30)
☆☆☆  内田吐夢「血槍富士」@新文芸坐(2006/9/9)
★    倉田準二「十兵衛暗殺剣」@新文芸坐(2006/9/9)
☆☆   マキノ雅弘「仇討崇禅寺馬場」@浅草名画座(2006/9/10)
☆☆   山田洋次「男はつらいよ 寅次郎忘れな草」@浅草名画座(2006/9/10)
☆☆   深作欣二「仁義なき戦い 広島死闘篇」@浅草名画座(2006/9/10)
☆☆☆☆ 岡本喜八「斬る」@新文芸坐(2006/9/12)
☆☆   伊丹万作「赤西蠣太」@新文芸坐(2006/9/17)
☆☆☆  山中貞雄「人情紙風船」@新文芸坐(2006/9/17)
☆☆   今井正「武士道残酷物語」@新文芸坐(2006/9/18)
☆☆   加藤泰「幕末残酷物語」@新文芸坐(2006/9/18)
☆☆   市川崑「黒い十人の女」@シネマヴェーラ渋谷(2006/9/19)
☆☆   牧口雄二「女獄門帖 引き裂かれた尼僧」@シネマヴェーラ渋谷(2006/9/23)
☆☆   増村保造「盲獣」@シネマヴェーラ渋谷(2006/9/23)
☆☆   フェデリコ・フェリーニ「ジンジャーとフレッド」@パルテノン多摩(2006/9/24)
☆☆   フェデリコ・フェリーニ「甘い生活」@パルテノン多摩(2006/9/24)
☆☆☆  ジュリアン・デュヴィヴィエ「奥様ご用心」@川越スカラ座(2006/10/1)
☆☆   ルイス・ブニュエル「昼顔」@川越スカラ座(2006/10/1)
☆    ルキノ・ヴィスコンティ「イノセント」@テアトルタイムズスクエア(2006/10/6)
☆☆   ホウ・シャオシェン「悲情城市」@シネマヴェーラ渋谷(2006/10/7)
☆☆   ホウ・シャオシェン「風櫃の少年」@シネマヴェーラ渋谷(2006/10/10)
☆☆☆☆ 増村保造「「女の小箱」より 夫が見た」@新文芸坐(2006/10/18)
☆☆☆  増村保造「好色一代男」@新文芸坐(2006/10/21)
☆☆☆  増村保造「妻は告白する」@新文芸坐(2006/10/21)
☆☆   ジャン・リュック・ゴダール「映画史」@アテネ・フランセ文化センター(2006/10/30)
☆☆☆  マルコ・ベロッキオ「夜よ、こんにちは」@三軒茶屋中央劇場(2006/11/4)
☆☆   スティーブン・スピルバーグ「ミュンヘン」@三軒茶屋中央劇場(2006/11/4)
☆☆☆  ニール・ジョーダン「プルートで朝食を」@川越スカラ座(2006/11/5)
☆☆☆  溝口健二「雨月物語」@東京国立近代美術館フィルムセンター(2006/11/11)
☆☆   中村高寛「ヨコハマメリー」@飯田橋ギンレイホール(2006/11/11)
☆    中島哲也「嫌われ松子の一生」@飯田橋ギンレイホール(2006/11/11)
☆☆   長谷部安春「女番長 野良猫ロック」@ラピュタ阿佐ヶ谷(2006/11/11)
☆    イングマール・ベルイマン「サラバンド」@ユーロスペース(2006/11/12)
☆☆   鈴木清順「殺しの烙印」@シネマヴェーラ渋谷(2006/11/13)
☆☆☆  山下耕作「日本女侠伝/侠客芸者」@浅草名画座(2006/11/19)
☆☆   中島貞夫「懲役太郎・まむしの兄弟」@浅草名画座(2006/11/19)
☆☆   増村保造「新・兵隊やくざ/火線」@浅草名画座(2006/11/19)
☆☆   鈴木清順「ツィゴイネルワイゼン」@一角座(2006/11/25)
☆    大森立嗣「ゲルマニウムの夜」@一角座(2006/11/25)
・    池島ゆたか「おんな35才 熟れた腰使い」@上野オークラ劇場(2006/11/25)
☆    新田栄「告白 熟女のやり放題」@上野オークラ劇場(2006/11/25)
☆    浜野佐知「SEX捜査局 くわえ込みFILE」@上野オークラ劇場(2006/11/25)
☆☆   ジャック・ドゥミ「シェルブールの雨傘」@シネマブルースタジオ(2006/12/2)
☆☆☆  サトウトシキ「手錠」@ポレポレ東中野(2006/12/8)
☆☆   いまおかしんじ「かえるのうた」@ポレポレ東中野(2006/12/8)
☆☆☆  フィリップ・ガレル「自由、夜」@東京日仏学院エスパス・イマージュ (2006/12/9)
☆☆   イングマール・ベルイマン「不良少女モニカ」@東京日仏学院エスパス・イマージュ (2006/12/9)
・    今敏「パプリカ」@テアトルダイヤ(2006/12/9)
☆☆   村野鐵太郎「闇を裂く一発」@新文芸坐 (2006/12/10)
☆☆   福田純「100発100中」@新文芸坐 (2006/12/10)
☆☆   いまおかしんじ「おじさん天国」@ポレポレ東中野(2006/12/15)
・    鈴木清順「陽炎座」@シネマアートン下北沢(2006/12/17)
☆☆   増村保造「曽根崎心中」@シネマアートン下北沢(2006/12/17)
☆☆☆  ウディ・アレン「僕のニューヨークライフ」@新文芸坐(2006/12/23)
☆☆☆  ボビー・ファレリー/ピーター・ファレリー「2番目のキス」@新文芸坐(2006/12/23)
☆   フィリップ・ガレル「秘密の子供」@日仏学院エスパス・イマージュ (2006/12/24)
☆☆   森永健次郎「続・東京流れ者 海は真赤な恋の色」@浅草新劇場(2006/12/24)
☆☆   川島雄三「喜劇とんかつ一代」@浅草新劇場(2006/12/24)
☆☆   渡辺邦男「忠臣蔵」@浅草新劇場(2006/12/24)
・   ジャン・リュック・ゴダール「万事快調」@シネマヴェーラ渋谷(2006/12/28)
☆☆    クロード・シャブロル「美しきセルジュ」@シネマヴェーラ渋谷(2006/12/28)
☆☆   ジャン・リュック・ゴダール「万事快調」@シネマヴェーラ渋谷(2006/12/28)
☆☆   デビッド・フランケル「プラダを着た悪魔」@池袋HUMAXシネマズ4(2006/12/30)

来年もいい映画を観られますように。

# by tokyomame | 2006-12-31 04:25 | 映画
2006年 07月 08日

引越しして買ったもの

 5月下旬に西川口から十条へ引越し。晴れて花の都トーキョーの住民になった。以下は引越しに際して買ったもののリスト。

・冷蔵庫
 ハイアールの98L2ドア冷蔵庫。近所のリサイクルショップで購入。中古で9000円。最初は中がにおって困ったが、エタノールで拭いたら大分ましになった。冷凍食品やアイスを保存できるようになったのがうれしい。おかげでちょっと太りはじめた。

・洗濯機
 ハイアール製3.3kg。PCサクセスの通販で約18,000円。小さいがステンレス水道の蛇口と給水ホースが適合せず、まだちゃんと使えていない。島忠で緊急止水栓付きの蛇口を購入。近日取り付け予定。

・2口ガスコンロ
 実家のある東戸塚のリサイクルショップで購入したものを、母親に送ってもらう。4~5千円くらいだったと記憶。愛知万博のスタッフ宿泊施設で使用していたものらしい。料理を作りながら味噌汁用のお湯を沸かせるようになり感激。先日、フライパンに油をなじませている最中、油を発火させてぼやを出す。網戸と窓の木枠を燃やし、大家さんに謝罪。しばらくへこむ。

・ベッド
 ベッド下の簡易引き出しつき。ネット通販で15,000円。安っぽいつくりだが、値段の割には悪くない。マットレスを早く買いたい。

・机
 ネット通販で購入。簡易キャビネット付きで12,000円くらい。安っぽい。

・無線LANルータ
 airstationの一番安いの。ヨドバシの通販で購入。

・外付けハードディスク
 Linkstation120GB。引越しのときに売り払ったCDを全部MP3に変換したら、20GB近くになってしまったので、CDラックを買ったつもりで購入。ディスクの回転音がちょっと気になる。

・じゅうたん
 東レのアコルデというナイロン製じゅうたん。6畳間のクッションフロアの柄が台所のものと同じで、ちょっとかっこ悪いので購入。ネット通販で15,000円くらい。引っ越してまもなく、謎の赤インクの染みを付けてしまい、へこむ。

・家庭用照明をリモコン式にする機械
 東急ハンズで購入。3000円弱くらい? これはとても便利。付けっぱなしの睡眠が減った。

 こうして振り返ってみると、引越しって本当に物入りだ。

※まだウチにないもの、欲しいもの

・テレビ(購入予定なし)
・電子レンジ(冷凍庫も手に入れたことだし、そろそろ欲しいかも)
・扇風機(引越しの際、羽根の真ん中を止めるねじを紛失、使用不能に。これは欲しい)
・ふとん、マットレス(家から送ってもらったマットレスは長すぎてサイズが合わず)
・カーテン(前の家で使っていたものは寸足らず。ちょっとみっともないのでそのうち買いたい)
・ガス漏れ検知機(引越し早々ぼやをだしたくらいだから、そのうちガス漏れもやりかねない)

# by tokyomame | 2006-07-08 21:02 | 雑記
2006年 04月 29日

2005年度映画鑑賞決算書

2005年に映画館で観た映画本数:143本
2005年の映画館入場料合計:124,700円
1本当たり平均:872円
(新文芸坐・ユーロスペースの年会費は含まず)

レンタルビデオよりは当然高くつくけれど、大スクリーンで観られることを考えれば、充分満足できる。

# by tokyomame | 2006-04-29 14:36 | 映画
2006年 03月 19日

春らんまん

 本体のほうの日記を2月分まで更新。3月末で5年勤めた学習塾を辞めることになり、気分的に落ち着かず、ずっと放置したままだった。さいきんは仕事といっても説明会の資料準備だったり、アンケートの集計だったり、作業的なことばかりで、日記に書けるような面白いことは何もなかった。いっぽう、ヒマが増えたことで映画館通いのほうは過激さを増し、1月は23本、2月は15本のハイペース。このままだと半年で100本観てしまいそうな勢いだが、失職したら金欠で、それもままならなくなるのかもしれない。

# by tokyomame | 2006-03-19 16:58 | 雑記